当日の宴会をスムーズに進めるためのポイント

事前に準備しておくべきことは?

当日までの準備としてまずは、参加者全員へ飲み会の日程や会費、キャンセル料の有無や会費徴収方法についての詳細を連絡しておきましょう。
また、予定の日が近くなってきたら再度日程の連絡をすることで、当日キャンセルされる可能性が低くなります。
次に、大きな飲み会で会費徴収や受付、司会、進行などを一人で全てこなすのは大変なので、周囲で2、3人ほど協力してくれる人を探しておきましょう。
役割分担することで、当日もスケジュール通りに進めやすくなります。
また、大人数での飲み会であれば、あらかじめ誰がどこに座るかの座席表を作成しておくと入店がスムーズにできます。
さらに事前準備に余裕があれば、飲み会当日までに席替えや簡単なゲームなどの余興を用意しておくと、いろいろな人との交流がもてるきっかけとなり、会も盛り上がりやすくなるでしょう。

宴会本番で気を付けておきたいこと

飲み会当日は会費の確認が大切になります。
会費は後から徴収すると金額が合わなかったり、公平な支払いにならない人もでてくる可能性があるので、飲み会の前日まで、もしくは会場に着席する前までに回収し、金額を確認しておきましょう。
また、当日に自分自身も楽しむことは大切ですが、参加している人たちが楽しんでもらえることを第一に、常に気配りを忘れないように意識しましょう。
司会をする場合には、壇上に上がる人の名前や役職を間違えないように、あらかじめ登壇予定者のリストを作成しておくと安心です。
乾杯後は料理や飲み物が全体に行き渡っているか、会話に入れない人がいないかなど、あなたが周囲へ配慮することで宴会の場の雰囲気も自然と良くなっていくでしょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る