幹事になったときは評価UPのチャンス

飲み会の参加者と目的から考えてみる

最初に今回開催される飲み会の目的や参加する人のことを考えてみましょう。
社内での親睦を深めるものなのか、新しく入ったメンバーとの関係性を築くための会なのかなど、その会の目的によって会場となるお店は変わってきます。
例えば、大人数の人たちでそれぞれ交流を深めるのが目的であれば、お店を貸しきったり、ホテルなど立食形式の会場を選ぶと席の配置に関係なく自由に会話や移動ができますし、部署やチーム単位での比較的小人数で行う懇親会である場合は個室のあるお店や、賑やかな雰囲気のお店を選ぶことで気兼ねなく楽しめます。

また、参加する人によってお店や料理の趣旨が変わってきます。
女性が多い場合は焼酎やビールよりもカクテルやソフトドリンクが充実しているほうが喜ばれますし、社内で重要な人物が参加するのであれば、賑やかな居酒屋よりも季節や土地に合った和食を提供するお店を選ぶなどの工夫をしましょう。

参加者の希望を聞くときのポイント

飲み会の参加者に料理やお店の要望をリサーチしておくことはもちろん大切ですが、年齢も様々で人数の多い会となると全員の意見に合ったお店を見つけることは不可能です。
全員がより納得できるお店選びをするには、「誰に」・「何を」優先して意見を聞くのかがポイントになります。
例として挙げると、女性やお酒を飲まない人には食べたい料理やコース内容を選んでもらったり、反対によくお酒を飲むという方がいれば、どんなお酒があると良いのかといった聞き方をすることで、全部の意見を取り入れずとも一部の意見を汲み取ったそれぞれの要望に折り合いのつくお店を探すことができます。
また、歓送迎会でメインとなる人がいたり、社内の重要人物が参加する場合はその人の意見や要望を優先的にしてお店を選ぶのがベターと言えます。

この記事をシェアする
TOPへ戻る